雑記

好きな映画は『お嬢さん』『青い春』『ピンポン』『天気の子』です

2021までの読書記録

年内に読んだ面白かった本を纏めたいな、と読書アプリを覗いたところ、2017年からのデータがあった。せっかくなので2017〜2021の各年ごとに良かった本を挙げていきます。

 

2017年(9月以降)

『機龍警察〔完全版〕』月村了衛

『機龍警察 自爆条項〔完全版〕』上・下 月村了衛

 

2018年

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』※再読 桜庭一樹 

『香水』パトリック・ジュースキント 訳・池内紀

『から騒ぎ』ウィリアム・シェイクスピア 訳・小田島雄志

『われはロボット』アイザック・アシモフ 訳・小尾芙佐

『昆虫こわい』丸山宗利

 

2019年

『だから私はメイクする』劇団雌猫

『機龍警察 暗黒市場』月村了衛

『あるいは酒でいっぱいの海』筒井康隆

『スタートボタンを押してください』D・H・ウィルソン&J・J・アダムズ 訳・中原尚哉、古沢嘉通

『バッタを倒しにアフリカへ』前野ウルド浩太郎

『私が大好きな小説家を殺すまで』斜線堂有紀

鋼鉄都市アイザック・アシモフ 訳・福島正実

『紙の動物園』ケン・リュウ 訳・古沢嘉通

『キリン解剖記』郡司芽久

生物と無生物のあいだ福岡伸一

 

2020年

自負と偏見ジェイン・オースティン 訳・小山太一

『昆虫はすごい』丸山宗利

すばらしい新世界オルダス・レナード・ハクスリー 訳・黒原敏行

『調香師の手帖』中村祥二

フランケンシュタイン』メアリー・シェリー 訳・芹澤恵

『化石の分子生物学』更科功

『中国奇想小説集』井波律子

『コケの謎』森口満

『2010年代SF傑作選1』編・伴名練、大森望

『化石になりたい』土屋健 監修・前田晴良

『ウニはすごいバッタもすごい』本川達夫

少女には向かない職業桜庭一樹

『ハーモニー〔新版〕』伊藤計劃

 

2021年

西洋美術史入門』池上英洋

『笑いの哲学』木村覚

『君の膵臓をたべたい』住野よる

『珍奇な昆虫』山口進

阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』阿佐ヶ谷姉妹

『元年春之祭』陸秋槎 訳・稲村文吾

イカはしゃべるし、空も飛ぶ 新装版』奥谷喬司

『日本SFの臨界点[怪奇篇]』編・伴名練

『土葬の村』高橋繁行

江戸川乱歩傑作選』江戸川乱歩

『注文の多い料理小説集』柚木麻子 他

『妖し』恩田陸 他

『新見南吉童話集』新見南吉

『秘密』監修・井上雅彦

 

書き連ねただけで疲れてしまったので、今日はここまで。余裕があれば本への感想を追記したいな。